薄毛治療に使われるロゲインの効果

有名なのはリアップ

ロゲイン 効果 | カークランドは効果絶大

有名なのはリアップ | ミノキシジルによる発毛の作用

日本での育毛剤として有名なのはリアップですが、その大元となる育毛剤として販売されているのがロゲインです。
特許の関係上、日本ではロゲインという名称で販売できないことから、名前を変えて売り出すという方法が採られたのが理由です。
配合されている成分はミノキシジルと呼ばれるものでは、初めて臨床の現場に現れたのは1970年代の初頭、最初は高血圧の治療薬として使用されていましたが、副作用によって多毛症となることが発見され、外用薬として頭皮に塗布することで髪の毛を成長させることが分かったことから育毛剤となった経緯を持ちます。
アメリカのFDAに認められたのが1980年代となり、実に30年以上もの販売実績を持つのがロゲインの大きな特徴です。
髪の毛の育毛効果を医学的に認められているものはミノキシジルのみで、実に多くの臨床試験を繰り返して1年間で95%もの人に効果が実感できたという結果が報告されています。
完全に髪の毛を取り戻すということは難しいのですが、軽度改善から中程度改善までの評価がされていて、完全に髪の毛を取り戻すためのサポートに役立つことが立証されています。
このミノキシジルの作用については、実は不明な点が非常に多く、高血圧の治療薬であったことから血管を拡張する働きを持っているのですが、血液の流れを改善したことで髪の毛が生えて来るというものではありません。